NEW WHAT's NEW

梢乃雪twitterフォローミー

梢乃雪Facebook始めました! 「いいね」ください!!

これまでのTV 映像 コチラ

2011年11月07日

薪の確保、しています

11月3日(木)

小谷村古民家再生薪確保1.jpg

「辰巳んとこ焚き物使うよな?うちの集落春に間伐入ったからもってけ」
村の人にそう言われて小谷村平間集落に間伐された雑木をもらいにいきました

薪ストーブの燃料となる薪の確保
これがなかなか大変なんです
針葉樹はすすがでる為×
なので広葉樹しか薪にならないんです

しかも薪にしてから約1年〜2年の乾燥をしないといけない
この薪の確保、金額に換算すると大変なことですね


最近twitterでおもしろい記事をみつけました
「薪ストーブの普及が森林伐採に繋がるんじゃないか」
そんな内容です

でも、もともと里山には多くの人が常に入っていた
石油、石炭が燃料として確保される前は、木が全ての燃料となっていたようです
春になると、雪が溶ける前に山で木を切り、雪の上を滑らせ里まで降ろし、組木に組んで乾燥させる
そうやって常に里山は整備されていたようです

減反政策が成される以前は、山の上部まで棚田がつくられいた
そうやって山は人々の生活の資源を提供していたんですね

最近作物の鳥獣被害や、熊の遭遇事件が絶えないのは、人々が山を放置して荒れてしまったからだという話をききます
それと、山の木々が過密になりすぎると、山は育たなくなってしまう
そんな話もききます
長野県では県民から500円の森林税と言う特別税を徴収しています
その税金で「里山整備」という県事業が行われていて、県内の里山には間伐整備が入っています

今回いただいた木は、その里山整備で切られたもの
「薪ストーブの普及が森林伐採に繋がるんじゃないか」
この意見はもっともですが、実はもっともっと山に人が入らないといけない
山は人の手が入らないと弱ってしまう
昔の人たちはそうやって自然と上手に暮らしていたんですね

小谷村古民家再生薪確保2.jpg

いただいたのは春に間伐された楢の木
これを裁断し持ち帰りストーブサイズにまた裁断
それを薪の形に斧で割る
それから乾燥させること1年〜2年
なかなか長くなりそうですね
posted by たつみ at 14:16| Comment(6) | こんなことやってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

サツマイモの紫色

11月3日(木)

にわか農業やってます!
ってことを謀殺される忙しさの日々では忘れがちですが
そう言えば春先に植えていたさつまいもの存在を思い出しました!笑

小谷村古民家再生サツマイモ.jpg

我が家は良い風に言えば「自然農法」という農法で野菜を栽培しています
まぁ、ひらたく言えば「放置農法」なんですが。。
それでも野菜はすくすく育ってくれます
肥料も農薬も使わなくても元気に育ってくれます
もちろん全てがうまくはいきませんが
このサツマイモは写真のとおり

これを湿らせた新聞紙でくるんで、その上にアルミホイル
そのままおきにした薪ストーブに投げ込む訳です
30分ちょっともしたらほくほくの焼き芋になるんです
これに塩、もしくはバターと醤油
もういうことない最高の食材なんです!

小谷村古民家再生秋の畑.jpg
posted by たつみ at 11:54| Comment(0) | にわか農業やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

秋の空の陽の恵み

10月29日(土)

風の温度が心地いい
秋空の太陽の日差しと足して心地いい
そんな一日でした

昨晩に多くの人がこの古民家に訪れてくださいました
ゲストハウスを始めて半年目の月がちょうど終わる頃
この家で多くの出逢いがありました
文章では語れない程の出来事の日々
幸せなことです

小谷村古民家再生アインと座布団.jpg

雨が多い小谷村
湿気が多い小谷村
なかなか干し物ができるチャンスが少ない村なんです
だからこの日は干せる物は一気に干してやろう!
と意気込み、洗濯物から始めて、布団、毛布、そして座布団に至るまでとことん陽の恵みをお裾分け
愛犬アインも終止太陽に干されておりました(笑)

小谷村古民家再生秋の空と駐車場.jpg

本当に空が眩しかった日
山脈のむこうの空のコントラストがきれいな日でした
山々はすこしだけ赤になり
今年は紅葉が奇麗じゃない
そうききますが、結局奇麗です
鮮やかではないにしろ、冬に向かうこの季節の自然摂理
やっぱり、奇麗なんです


あ、それとですね
写真の砂利になっている部分
元々牛舎として使われてコンクリートで固められてたところなんですが
駐車場になりました

我が家の近くに住むとても少ない20代の地元民ゆうきくんが重機に乗ってそそくさとやってくれました
このスペースをどうするかな?
考え続けて3年目
少しずつ訪れてくれる方も多くなって来たので、駐車場にしよう!とゆうきくんに相談したところいともたやすく。。
出来る人には雑作もないことなんですね
感謝感謝です


今年は北アルプス、雨飾山の初冠雪がとても早かったものの気温はまだ心地いいまま
急に訪れる冬の時期
今年はどんな冬になるでしょうか
posted by たつみ at 11:17| Comment(0) | 古民家ゲストハウス「梢乃雪」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。