NEW WHAT's NEW

梢乃雪twitterフォローミー

梢乃雪Facebook始めました! 「いいね」ください!!

これまでのTV 映像 コチラ

2011年08月11日

夏休みは田舎に帰ろう

8月7日(日)

蝉の声で目を覚まし
蛙の声で夢の中

朝の光が眩しい季節
緑が広がる里山の青色のコントラストを一層強めて

小谷村古民家再生夏の集落2011.jpg


この季節
小谷は最高のロケーション

緑、青い空、大きすぎる入道雲
縁側で風鈴の音をききながら過ごす時間は
「至福」という言葉がよく似合う

小谷の生活も2年と半分が過ぎたけど
未だに毎日がわくわくです

いやー
ほんとにきれいな村だ


夏休みは田舎に帰ろう!!
posted by たつみ at 01:01| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月04日

2011年夏。今年はにぎやかに過ごしております

8月3日(水)

信州小谷村中谷郷。
今年の夏は去年の猛暑を思い出せない程快適な日々が続いております。

初夏の縁側.jpg

吹く風に揺れて乾いた音を響かせる風鈴と
豚の鼻から吐き出される蚊取り線香の煙
入道雲と立体的に存在感を発揮している緑のかたまり

なんて言うんですかね?
簡単に表現すると

「夏」

あたりまえなんですが。笑

田舎の夏は心地がいい。
縁側で流れる時間が贅沢すぎる季節です。


今年はお陰さまでにぎやな時間を過ごさせていただいております。
予想に反して様々なおもしろいゲストさんたちが我が古民家に遊びに来てくれています。


縁側BBQ.jpg

↑同窓会は縁側で夏休み!!な写真
皆で休みを合わせて都会を離れて同窓会。
お揃いの麦わら帽子が素敵すぎる。


子供さん野菜収穫1.jpg

河内ご一家.jpg

↑家族でのんびり自然を感じる夏休み!!な写真
3泊でのんびりとしていってくれました。
とても暖かいご家族。
家族っていいな。


雨飾山荒菅沢(ぐっさん).jpg

↑雨飾山の頂上、まってろよー!!な写真
アスリートなゲストさんと雨飾山登山。
しんどかったです。。笑
途中はまだ雪が残ってましたね。


梢乃雪看板作成中3.jpg

↑看板作成は俺にまかせろ!!な写真
何故かゲストさんが我が家の看板をつくってくれてました。
またビックスクーターで遊びにきてください。


クレイジー.jpg

↑俺の名前はクレイジー!!な写真
クレイジーって。。笑
ゲストハウス開業を目指す若き力です。
行動力がすさまじい!


野菜収穫ゆうたくん.jpg

↑え、いいんすか?これとっていいんすか?!!な写真
青春18切符で御来村。
夏=青春18切符!ぼくもまだまだ青春してますよー笑


黒電話.jpg

↑これぞ日本の黒電話!!な写真
懐かしさ溢れるアイテムです。
独特の「じりりり」が鳴ると予約の合図。
新たな出逢いが生まれるわくわくアイテムです。


これらは最近はまっているtwitter用に携帯で撮影している写真です。
もっとたくさんの楽しい写真をのせたいのですが、デジカメ写真は編集しないといけないので、またそのうち。

ってことでフォローミー↓
梢乃雪 http://twitter.com/#!/kozue_no_yuki
たつみ http://twitter.com/#!/tatsumi_kazuki



自然は何も.jpg

自然はなにも答えてはくれない。
でも、自然の中にいると問いかけられている気がする。
無心になると、
川とか鳥とか虫とかの自然の音に包まれていることに気がつく。
時間の経過に、なにか見失っちゃいないかい?
そんなことを語りかけられている気になるんだ。。

〜夕暮れの山村より〜


明日も楽しい日になりますよに!!
posted by たつみ at 01:49| Comment(0) | 古民家ゲストハウス「梢乃雪」 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月03日

もうすぐ実りの時期なのです

7月3日(日)

そう言えば
全然記事にできていませんが
毎年恒例にわか農業
今年ものんびりやっています

小谷村古民家再生畑と赤いトラクター.jpg

時間のなさを言い訳に
自分たちで開墾していた大きな畑を今年はあきらめ。。
父ファームに便乗する形でやっています

雪解けより一気に多忙を極める山村
畑いじりに楽しさを感じているのに相手にできないという現状
悔しい限りです
まぁ、それはそれで(笑)


今週末は
長野の北側のゲストハウスを巡ってきました
素敵な宿がたくさんあって
素敵な人達が集まる拠点
我が家梢乃雪もそうなりたいと思うばかりです


帰宅後
父から「畑手伝え」と一言
疲れた体にむち打って
湿気の密度が高い夕暮れ時に作業開始

我が家は初年度から
「自然農法」という栽培方法で畑を独学でやっています
肥料も農薬もマルチ等を一切使わず
植えたらそのまま
植物の「生きる力」にまかせた栽培方法です

簡単に言うと
「面倒とコストをかけたくないからほうっておこう」
と、完全に他力本願な放置栽培なのです(笑)

決めてるルールは二つ
1.天気が続けば水をあげる
2.苗よりも背の高い雑草は抜く


雨が連日降っていたので
放置していた畑は雑草だらけ
ルール2にのっとって

草を

ぬく
ぬく
ぬく
。。。

。。。


汗をたくさんかきました(笑)
途中同居人さかもっちゃんに父親がトラクターの運転方法をレクチャーし
さかもっちゃんは

耕す
耕す
耕す
。。。

。。。

ぼくと違って
涼しい顔でレトロなエンジン音を響かせておりました


曇り空の下
湿気を多く含んだ空気の中で草を抜く
聞こえる音は
川と鳥と虫の声

根深い草。青々しい匂いがして
図々しい虫。小さな体で葉っぱを食べて
自然は命。リアルな世界を感じています

小谷村古民家再生畑のなすび.jpg


小谷村の方言で
「ごちそうさま」を
「いただきました」
そう言います

意味は
「私はあなたの命をいただくことで、生きながらえることができています
命を私は、いただきました」

深い言葉です
中土小学校の給食の時間にききました


当たり前に植物は根をはって
土と水と太陽から命をもらい
ぼくたち生き物は
そんな「命」のかたまりを食らい生きている


自然とは不思議はものです
人の思想の奥深くに語りかけてくるのです
壮大な力を感じます


リアルに生きたい
自然に生きたい
人間らしく、動物らしく生きていたい

多忙な週末の〆の時間は
そんなことを感じる時間でした


自然の中に帰っておいで
田舎の我が家に帰っておいで
そしたら
一緒に刺々しい(元気な)
きゅうりをかじろうじゃないですか!!
posted by たつみ at 23:00| Comment(0) | にわか農業やってます | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。